MENU

若はげ対策に増毛や植毛

年配者が薄毛になることはありますが、若者が薄毛になることもあります。若はげの状態は、周囲の人々にも目立ってしまうため、対策を考える方もいるでしょう。
若はげをなくすためには、増毛や植毛という手段もあります。

 

増毛をする場合には、薄毛になった部分の自分の髪の毛に人工毛を結びつけるやり方になります。人工毛を自毛の付け根近くに結び、結び目もかなり小さいので、あまり周囲の人々にみつかりにくいといわれています。

 

しかし、増毛には人工毛を使用しているため、増毛後に定期的にメンテナンスをしてもらわねばなりません。

 

自毛が成長してしまうと自毛の付け根近くに結んだ人工毛も頭皮から浮いてしまうため、髪の毛がかなり不自然な状態になってしまう場合があります。それをメンテナンスで調整してもらわねばなりません。

 

また、その他でもメンテナンスではいくつかやることがありますので、定期的にメンテナンスには通うことをおすすめします。

 

植毛の場合、自毛植毛などで薄毛の部分に自分の毛根を移動させそこから自毛が生えるように施術します。

 

毛根が頭皮に定着してしまえば、増毛のような定期的なメンテナンスは植毛には必要ありません。ただし、毛根を移動させたからといって、髪の毛がすぐに伸びてくれるわけではないので、施術してから数ヶ月は経たないと効果が実感できないでしょう。

 

この他にも若はげをカバーする方法もありますが、自分にあった方法を調べてみるのもいいでしょう。