MENU

育毛シャンプーで効果がなかった人の最終手段

薄毛対策法の中でもポピュラーなものとなっているのが育毛シャンプーです。

 

薄毛にならない為には頭皮環境を整えていくことも大切であり、頭皮の状態を良くする為に開発されている育毛シャンプーを利用するのは悪いことではありません。

 

薄毛リスクを多少なりとも軽減する為に役立つはずですし、頭皮環境の悪さによって薄毛になりつつあるのなら育毛シャンプーで改善することで良くなることもあります。
しかしながら育毛シャンプーはあくまでも頭皮環境を整える為のものであり、直接的に育毛や発毛をするといった効果はありません。ですから薄毛を改善する力としてはあまり高くなく、特に薄毛がすでに進行している場合は付け焼刃程度の働きしかしてくれないのです。

 

もし育毛シャンプーでは効果を感じられなかった時の対策法ですが、
クリニックに相談へ行ってみた方が良いかもしれません。

 

男性の場合はAGAによって薄毛になることがありますが、薄毛の原因がAGAなら育毛シャンプー程度で改善するのはほぼ不可能とも言えます。きちんとクリニックで治療を受けないとどんどん進行する可能性がありますので、早めに相談へ行くようにした方が良いでしょう。
m字はげ治療
クリニックで専門治療を受ければ改善できる可能性も十分にあります。

 

育毛シャンプーの機能を活かすには

育毛シャンプーは使い方により機能性が大きく変わってきます。

 

汚れをしっかりと落とすためには、事前にクレンジングを使用しておくのがよいです。シャンプーよりもクレンジングのほうが洗浄力が強く、皮脂の除去力が優れています。
毛穴をスッキリさせてからシャンプーをすれば、クレンジング後に残った細かな汚れまで落とすことができます。

 

ただ、クレンジングは刺激が強いので、シャンプーの代用とすることはできません。あくまで大まかな汚れを落とすのが目的です。クレンジングを避けたい方は、ぬるま湯で頭皮を蒸らしてから育毛シャンプーを使用しましょう。

 

10分くらい蒸らせば皮脂が水分を含んで柔らかくなります。入浴中は特に蒸れやすくなるので、ぬるま湯で洗ったあとに入浴するのもいいでしょう。

 

入浴は身体を温めてくれるので、育毛習慣として非常によいのです。シャワーだけで済ませる方は、入浴する方よりも薄毛になりやすいです。身体が温まりませんし、代謝機能が下がって毒素を溜めやすくなるのです。

 

代謝機能を正常に維持するには、毎日入浴して身体を温めることです。それにより身体にとって不要な毒素を排出し、育毛も促すことができるのです。

 

育毛シャンプーで洗髪するときは、指の腹でマッサージするのがコツです。爪が伸びていると頭皮を引っ掻いてしまうので、こまめに爪を切っておきましょう。

 

シャンプーの洗浄力を高めるためには、十分に泡を立ててください。泡不足は洗浄力を低下させ、皮脂を残してしまう結果となります。
薄毛治療の費用っていくら

更新履歴